2010年02月26日

敦賀原発1号機、40年超え運転へ=福井県知事、地元市長が容認(時事通信)

 福井県の西川一誠知事と河瀬一治敦賀市長は21日、3月で運転開始後40年を迎える日本原子力発電所の敦賀原発1号機(福井県敦賀市)について、2016年までの運転継続を容認する考えを、それぞれ明らかにした。既に容認を決めた国に次いで、地元自治体も受け入れ姿勢を示したことで、同1号機の運転継続が確定。運転開始から40年を超える原発は国内で初めてとなる。
 河瀬市長が同日、西川知事に面会して受け入れ方針を伝え、知事もこれを了承した。県は、22日に日本原電に意向を伝える。 

【関連ニュース】
中国電、11年度採用計画は30人増=事務系も増やし210人
福島県がプルサーマル受け入れへ
もんじゅ、運転再開を容認=ナトリウム漏れから14年
核廃絶に意欲=「ゼロ達成の方法模索を」-IAEA事務局長
中部電、浜岡原発周辺市の病院整備費などを一部負担へ=プルサーマル計画実施で

雑記帳 ハタハタだけじゃない…秋田・男鹿で「地魚」検定(毎日新聞)
「宇宙で働ける未来がくるかも」子供たちにエール 野口聡一さん会見(産経新聞)
惜しむ声、芸能界で続々=藤田まことさん死去に(時事通信)
高齢夫婦、自宅で変死=妻は寝たきり、経緯捜査−岡山県警(時事通信)
殺人罪は不起訴=親子2人死亡、放火は起訴−沖縄(時事通信)
posted by ヤマネ ダイスケ at 21:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。