2010年05月21日

<始祖鳥>飛べなかった…翼で体重支えきれず 英チーム結論(毎日新聞)

 鳥類の祖先である始祖鳥は、羽ばたいて飛べなかったとする論文を、英国などの研究チームが14日付の米科学誌サイエンスに発表した。始祖鳥の推定体重と、化石に残された羽根の軸の太さなどから、始祖鳥の翼では体重を支えきれず、木の枝から地面へ滑空するしかできなかったと結論付けている。

 研究チームは、ジュラ紀後期(約1億4000万年前)の始祖鳥と、始祖鳥の次に原始的な鳥類である孔子鳥(こうしちょう)(約1億年前)の化石を分析し、現在の鳥類と比較した。始祖鳥などの風切り羽根の長さは変わらなかったが、長さに対する羽根の軸が非常に細かった。

 それぞれの翼がどの程度の荷重に耐えるかを調べたところ、現在の鳥類は体重の6〜13倍に耐え、羽ばたく激しい動きに対応できる強度があったが、始祖鳥(推定体重276グラム)は体重の0.55倍、孔子鳥(同500グラム)は0.39倍しか支えられないことが分かった。

 真鍋真・国立科学博物館研究主幹は「始祖鳥などは大胸筋が十分発達していないため、羽ばたき能力は低いとみられていた。羽根の軸に注目して分析した手法は画期的だ」と話す。【永山悦子】

【関連ニュース】
<科学の発見>ネアンデルタール人:ヒトと混血の可能性 ゲノムを解析
<科学の発見>化石:アナジャコ属の新種発見 アジア最古 北九州で
<科学の発見>雑記帳:高崎のクジラ化石が新種と判明 群馬
<科学の発見>恐竜:豪で新種のティラノサウルス類化石 南半球で初
<科学の発見>雑記帳:新種?肉食恐竜の全身骨格を復元

月内閣議了解「決意変わらず」=社民反対に首相―普天間(時事通信)
外来ヒナゲシ増殖中 生態系乱す恐れ(産経新聞)
<葵祭>王朝絵巻さながら…都大路を練り歩く(毎日新聞)
心電図送信機のチャンネル番号入力間違えで医療事故(医療介護CBニュース)
子ども手当、現物支給検討へ…長妻厚労相(読売新聞)
posted by ヤマネ ダイスケ at 23:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。